Menu

妊娠22週前に決断しよう

救急車

妊娠初期と中期では異なる

東京には妊活をする女性がたくさんいますいますが、その一方で中絶を選択する女性も多く、望まない妊娠やどうしても出産できないなど、中絶をする理由は人それぞれです。中絶をする場合、妊娠何週までに行わなわなければいけないか知っていますか。中絶手術が受けられるのは妊娠22週未満と法律で決められており、この期間を過ぎてしまうとどんな理由があっても中絶する事ができなくなります。東京には中絶手術ができる病院はたくさんあるので、1軒くらいは22週を過ぎても手術を行ってくれる病院があるのではないのかと考えている人もいるでしょう。しかし法律違反になってしまうので、そんな病院はなく、中絶と決めたら早めに行動を起こす必要があります。初期で正常に妊娠している場合にはそれほど時間のかかる手術ではないので、東京だけではなくほとんどの病院で日帰り手術が行われます。妊娠14週を過ぎると妊娠中期になるので胎児もある程度の大きさになってきます。中期に入ってからの中絶は薬によって陣痛を誘発し、出産と同じような法律で手術を行うので、妊娠初期の中絶と比べると身体や精神的にも大きなダメージを受けてしまいます。東京の病院によっても中絶費用は異なり、初期妊娠と中期妊娠によっても異なります。妊娠初期なら日帰りで手術を受ける事ができるので6〜12万円程度になりますが、妊娠中期の手術となると20〜22万円と高額な費用となり、これに入院費がプラスされます。

Copyright© 2018 中絶時には専門クリニックを探そう【注意点をチェック】 All Rights Reserved.