Menu

妊娠継続を断念する場合

聴診器

クリニック選びや手順

東京に住んでいて中絶手術を行う場合は東京のクリニックの中でも手術の腕前やかかる費用を比較してから選ぶべきです。中絶手術は大きく分けてふたつのパターンに分かれます。12週までの初期の段階か12週以降、そして22週未満の重機の段階かです。宗すうだけで一概に決めるのではなく、胎児の大きさによっても手術の行い方や体にかかる負担が変わってきます。万が一中絶をするという選択肢を選ばなければならないのならば、週数が早い段階で手術を行いましょう。初期の段階では子宮の中をかき混ぜるようにして胎児を排出させる方法が一般的です。費用に関しましては東京でもクリニックによって差がありますが、だいたい数万円から高くても十数万円で行えるところがほとんどです。しかし、胎児が大きくなるにつれてこの方法で排出させることが難しくなってきます。そうなってくると費用に関しても出産と同等程度の金額が発生することもあります。東京にはたくさんのクリニックがあります。中絶手術が行えるクリニックと行えないクリニックがありますので、まずはリサーチしてから実際に足を運んでみましょう。未成年の場合は親の同意書が必要なことがほとんどです。また、妊娠は一人ではできません。相手の同意書を求められることもあります。事情があり、相手が特定できないこともあるかもしれません。そんな時はクリニックに相談しながら手続きを進めてください。体のためにも早めの決断が鍵となります。

Copyright© 2018 中絶時には専門クリニックを探そう【注意点をチェック】 All Rights Reserved.