Menu

聴診器

妊娠継続を断念する場合

中絶する時にはクリニックによって発生する費用が変わってきます。産婦人科でも中絶が行えるとこと行えない場所があるので、東京で中絶を受けるときはクリニックについてある程度リサーチしてから選んだ方が良いかもしれません。

医師

費用は評判はどうか

中絶手術を行うことができるクリニックは東京に最も多く存在します。東京に住んでいる人なら東京にある優れたクリニックで中絶手術を行ってもらうとよいです。費用相場は15万円程度で、一般的には全額自己負担です。

救急車

妊娠22週前に決断しよう

中絶ができるのは妊娠22週未満で、それ以降になるとどんな理由があっても手術する事ができなくなります。また妊娠初期と中期では中絶方法や費用が異なるので、東京で中絶すると決めたら早めに行動を起こしましょう。

看護師

環境の整った産院を選ぼう

望まない妊娠をしてしまう女性は増えています。中絶を決めたらできるだけ早い時期に設備の整った東京のクリニックを受診することが重要です。プライバシーをしっかりと守ってくれるクリニックは安心して受診できるでしょう。

ドクター

手術後の異常を確認

中絶手術を終えてからの子宮の異変に気付くためにも、手術後のケアを丁寧に行ってくれる東京の病院を頼ってください。東京の病院であれば、手術後に子宮の収縮が上手くいっていない事にも早期に気付く事ができます。

望まない妊娠

看護師

事前に知っておくこと

妊娠をしたけれども、色々な事情で産み育てることが出来ないことがあります。その場合、人工中絶手術を受けることになりますが、中絶手術をおこなう前に知っておく必要があることがあります。中絶ができる時期は、妊娠中期である22週までしかおこなうことができません。また、妊娠初期である12週目を境に、手術の内容だけでなく、費用や手続き方法も変わってきますし、なにより母体への負担も大きくなります。中絶をすると決めたなら、一刻も早く手術をおこなう必要があります。生理が遅れて少しでも不安に思ったら、直ぐに検査をする必要があります。東京にも、中絶をおこなう多くのクリニックがありますが、どこも中絶は保険の適用外になります。中絶をするときに、中絶の同意書が必要になります。中絶の同意書には、男性の署名が必要になりますので事前に男性にも知らせる必要があります。また、できる限り手術の当時は付き添ってもらえると心強いです。相手の男性が不明であったり、行方が分らなかったり、あるいは死亡をしてしまっていて同意を取ることができない場合は、クリニックに相談をすることが必要です。東京のクリニックの中には、同意が必ず必要というクリニックもありますので、そのときは、迷っている暇はありませんのでクリニックを変えることも検討が必要です。東京にはクリニックは沢山あります。未成年の場合、東京のクリニックのほとんどが親の同意書が必要になります。親に相談をしにくい場合もありますが、手術になりますので、必ず親に相談をすることが大切です。

Copyright© 2018 中絶時には専門クリニックを探そう【注意点をチェック】 All Rights Reserved.